お気軽にトラコムにご相談ください

0120-450-333

受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

トラコム社員がお届け!

採用支援

Indeedの仕組み・求人掲載方法を徹底解説!料金・基準やログイン・編集方法まで

K.SASAKI

Indeedの仕組み・求人掲載方法を徹底解説!料金・基準やログイン・編集方法まで

Indeed(インディード)の導入を検討されている企業の担当者様へ。ここでは、Indeedの概要をはじめ、Indeedを利用するメリットや、デメリットと注意点、Indeedの掲載料金、どのように掲載すれば良いのかなどをまとめて解説しております。

Indeed導入の第一歩として、ぜひ理解につなげていただけたらと思います。皆様の参考になれば幸いです。

Indeedとは?強みや特徴

Indeedの特徴

Indeed(インディード)は求人広告に特化した検索エンジンです。パソコンでIndeedのトップ画面を見たことがある方はお分かりかと思いますが、「職種名」と「勤務地」を入力するだけで求人が検索でき、それはGoogleのトップ画面によく似ています。

アルバイト・パートから正社員の募集まで、幅広い雇用形態で募集することが可能です。

(出典:Indeedトップページより)

求人掲載数も世界最大級!

WEB上に存在する、Indeed掲載の条件を満たす求人情報。それをクローラーと呼ばれるプログラムが見つけ出し、保存します。この工程をIndeedが日々繰り返しているおかげで、膨大な求人情報の検索が可能となっています。

同じ検索エンジン繋がりだからでしょうか、求人広告のGoogleとも言われているみたいです。検索エンジンと言われるだけあって、実に多くの求人情報が掲載されています。

世界でも有数の求人検索エンジン

なんと50以上の国と地域、28言語での検索に対応しています!世界でも有数の求人特化型検索エンジンです。

検索上位に表示され、SEOにも強い

Googleなどの検索エンジンで「港区 営業」などど調べると、Indeedが上位に表示されます。求人メディアの中から自分にあった仕事を探す方もいますが、最近では、上記のように検索エンジンで直接検索する方も多いといわれています。SEO(検索エンジン最適化)の面からも効果的な求人検索エンジンです。

Indeedのユーザー数・ユーザー層

Indeedは非常に幅広い方に見ていただいています。

ユーザー数

Indeedから応募する際、登録必須ではないため正確なユーザー数は公開されていません。しかし、Indeedの月間訪問者数は3,924万人といわれています。少なからず3000万人以上の方が訪問してくれていることが分かります。※similarweb調べ(2021年10月)これは、ほかの求人検索エンジンと比べても最大級の訪問者数となっています。

ユーザー層

弊社でご掲載いただいた企業様に応募者属性を聞いてみると、10代~70代まで、男女比率もバラバラです。
ネットだから若い人が多いということもなく、スマホユーザーの年齢層が上がってきたことに比例して、年齢層の高い方の応募も多いようです。
※参考資料:【最新版】2019年のスマホ普及率を年代・地域・年代別に大公開!まさにスマホオンリー時代!マーケティングがこれからどう変わるべきか予想してみた。

Indeedで求人掲載する3つのメリット

1.いつでも好きなタイミングで求人掲載できる

Indeedの求人掲載は、発行日などが決まっているわけではございません。いつでも好きなタイミングで募集をかけることができます。採用が決まったら掲載を停止したり、途中で新しい案件を追加することも可能です。融通が利きやすい点はIndeedのメリットといえます。

2.複数の案件を掲載しても、掲載料金は変わらない

Indeedの場合、複数の原稿を掲載しても料金は変わりません。多数の案件をお持ちの企業様や、店舗や時間帯ごとに募集かけたい場合などにおすすめです。求人メディアへ案件ごとに掲載しようとすると採用コストがかなり高くなってしまいますが、Indeedなら採用コストを抑えられるというメリットがあります。

3.多くの求職者に求人情報を届けられる

前述した通り、Indeedは日本の中でも非常に多くの求職者に閲覧されている求人検索エンジンです。多くの求職者に求人情報を届けることができます。誰も見ていないサイトへ求人を掲載しても応募につながることは少ないでしょう。まずは人が多く訪れているサイトへと掲載することで、求人募集していることを知ってもらうことができます。

Indeedに掲載するデメリットとは?活用する際の注意点

1.無料掲載ではなかなか応募獲得に至らないことがある

Indeedは無料掲載と有料掲載(スポンサー求人)の2パターンがあります。無料掲載だと有料掲載よりも発見性が弱く、見つけてもらうことが難しい可能性が高いです。また、応募獲得まで時間がかかってしまうこともあります。

ターゲットに合わせた原稿を作成し検索対策を行うか、有料掲載をして発見性を高めるかがおすすめです。

2.運用が必要で、手間がかかる

Indeedは運用型の求人広告です。掲載をして待っているだけでなく、原稿を改善したり、予算を調整したりといった運用をして初めて効果につながります。細かな調整が必要となるため、Indeedの知識がない方が本来の業務とは別に調整しようと思うとなかなか大変かもしれません。

効果を出すための運用を行いたい場合は、専任の担当をつけるか、代理店など外部に運用を任せるかのどちらかがおすすめです。

Indeedの掲載料金、料金発生の仕組み

ここからは、Indeedの掲載料金や料金発生の仕組みについてご紹介していきます。

Indeedは有料掲載と無料掲載がある

先ほどもお伝えしましたが、Indeedには有料掲載と無料掲載がございます。無料掲載はその名の通り料金はかかりませんが、求職者が検索した際、関連性が相当高い掲載情報でないと、1ページ目などには表示されにくいです。しかし一方で、有料掲載の場合、無料掲載よりもターゲットとする求職者に求人情報が表示されやすくなり、閲覧数アップが見込めます。

Indeed有料掲載の場合、クリック課金制

Indeed有料掲載の場合は、クリック課金制。クリックされるごとに料金が発生していきます。ただし、上限のクリック単価を設定できるため、1クリックあたりの金額が想定以上にあがり、クリック数がとても少なくなってしまうということはありません。

掲載料金はクリック数×クリック単価で算出

そして、お客様は、クリックされた分だけ料金を支払う仕組みとなっています。1クリックあたりの単価、つまりクリック単価の掛け合わせで最終的な掲載料金が決まります。クリック単価は、事前に掲載エリア×掲載職種での相場をもとに設定したり、IndeedがAIを使い自動で調整してくれたりして決まります。

掲載期間にしばりはなし

Indeedの場合、掲載期間の縛りもありません。お客様側で決めた予算を消費しきるまではずっと掲載し続けることも可能です。クリックされないと予算が減ることもないため、無駄な採用コストをかけずに済みます。

Indeedの掲載料金

Indeedの広告費用は、先ほど申し上げた通り「クリック単価×クリック数」で計算できます。

自社運用を行う場合はそれで終了ですが、代理店に運用をお任せいただく場合は、先ほどの広告費用+運用費用がかかります。トラコムの場合、運用費用を含めて15万6000円(税別)~/広告費12万円+運用費3万6000円となります。代理店の運用費用はだいたい30%が相場となっており、弊社でも30%の運用費用としております。

Indeedでの求人情報の掲載方法

Indeedでの求人掲載方法は2つ。クローリングと直接投稿の2パターンから選択できます。それぞれの方法に分けてご紹介します。

方法1.クローリングで求人掲載させる

1つ目はIndeedによるクローリングにより掲載されるのを待つ方法です。クローラーというインターネット上の情報を収集するシステムを使い、自社ホームページ等に掲載した求人情報を見つけさせ、Indeed内に保存する方法です。この場合、Indeedが要求する条件を満たしていることが必要で、満たさない場合はIndeedに表示されません。

クローリングで求人が掲載される条件は?

・自社HPに採用ページが設置されている(他社運営サイトに掲載の求人情報はクローリングできません)
・求人情報が画像ではなくテキストで記載されている
・職種名がシンプルで明確に記載されている(キャッチや見出し、文章はNG)
・勤務地が市区町村レベル以下まで詳細に明記されている
・業務内容がひとつひとつ詳細まで明記されている
・応募方法が明記されている (応募フォームの場合は、他ドメインに遷移せず、同じドメイン下で応募完了まで行うことができる)
・1職種×1勤務地ごとに固有のURLが設置されている

(引用:Indeed掲載基準より)

条件を満たさない場合はIndeedに掲載されない

上記の条件を満たさない場合には、Indeedに原稿は載りません。せっかく自社サイトで求人情報を作り込んでも、Indeedの掲載基準に則っていない場合はクローリングされません。無駄な手間が増えないよう、注意が必要です。

それでも載せたいなら方法は2つ

Indeedのクローリングに対応した、以下のような外部の採用サイトを活用する方法もあります。

Airワーク 採用管理(エアワーク 採用管理)
リクオプ
トルー など

利用料金が発生するもののクローリングで求人活動を行っていきたい場合は、自社サイトの改修にかかる費用・時間等と比較し検討してみても良いかもしれません。Indeed対応している外部のサービスを利用するのも1つの手でしょう。

方法2.直接投稿で求人掲載する

「すぐに採用ページの用意なんてできない」そんな企業様も多いかと思います。でも諦めなくても大丈夫です。もう1つIndeedに求人情報をUPする方法があります。それが直接投稿と呼ばれる手法です。

読んで字のごとく、Indeedが指定するフォーマットに求人情報を入力し、それを公開するという、至ってシンプルな手法です。イメージとしては原稿を作成し入稿する、タウンワークやリクナビネクストといった求人サイトを用いての採用活動に近いかもしれません。

直接投稿で掲載する条件

直接投稿で掲載するためには、Indeedの求人掲載ガイドラインに則っている必要があります。

ガイドラインはこちら:Indeed 求人掲載に関するガイドライン

それでも掲載されない場合は、Indeedのなんらかの基準に則っていない可能性が考えられます。(例:アカウントが審査中、メールアドレスの認証がされていないなど)どうしても掲載されない場合は、下記の内容を確認しIndeedへお問い合わせいただくことをおすすめいたします。

掲載されない場合はこちらを確認ください:Indeed に求人が表示されない

直接投稿で掲載するメリット

直接投稿の特徴は、何といっても応募スピードの速さです。応募者は公開された直接投稿の求人情報を見て、そのまま応募することが可能です。

クローリングと比べると、求職者は採用ページ内を周回してくれる可能性は低くなってしまいます。そのため、マッチング率の低さは懸念される部分ではありますが、余分に考える時間を与えないという意味では数多く応募数を集めたい場合には有効な手段かと思います。

Indeed管理画面のログイン方法や機能の使い方

Indeedの管理画面やログインの方法、機能の使い方についてご紹介します。

ログイン方法

Indeedを利用する際には、ログインが必要です。Indeedと検索し、Indeedのトップページへ進むと、右上に「ログイン」というボタンが出てきます。そこからログインが行えます。GoogleやLINEなどのアカウントで続ける方法もありますよ。

機能の使い方

応募受付、求人原稿の作成、企業ページの作成、Indeedアナリティクスなど、Indeedで使用できる機能については、管理画面内から利用することができます。

Indeedアナリティクス

Indeedアナリティクスは、求職者の動向や思考を分析できるツールです。Indeedアナリティクスを使うことで、PCとモバイルのどちらからよく見られているかといったデータや、求人ごとにどれだけ表示され、クリックされているかといったデータも確認することができます。また、応募した人の動向だけを絞り込んで確認することもでき、応募が来やすいよう最適化することに役立ちます。

Indeed掲載で効果をアップさせるための3つのコツ

実際に掲載をされた場合、Indeed掲載で効果を上げるためにはどのような点に気を付けたらよいのでしょうか。

応募率をアップさせる求人情報の書き方

応募率をアップさせる求人原稿を作るには、求人情報の書き方に工夫が必要です。

まずは、仕事内容が分かる職種名にすることが大切です。ひとことに「事務職」「営業職」といっても、会社によってどのような商材を扱うかや、どんな仕事をするのかは変わりますよね。Indeedの場合、職種名が最も大きく目立つように掲載されるため、ここで興味を持ってもらえるかは重要です。

また、応募に必要な条件、あると良い歓迎要件がそれぞれ分かるように記載しましょう。「自分は対象外だ」と判断されてしまわないように注意したいです。

ほかにも下記の記事内でご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。
Indeedの効果的な掲載方法と運用のコツ。9つのノウハウをご紹介

求人を表示回数を増やすテクニックを活用する

また、求人の表示回数を増やすためにもテクニックが必要です。

まずは、求人情報内に仕事を探す方が調べそうなキーワードをできるだけたくさん追加することです。倉庫内作業なら、軽作業、仕分け、梱包などと調べる方もいるかもしれません。言い換えや別のキーワードで検索されないかを気にしながら原稿を作ると良いでしょう。

下記の記事でも詳しくご紹介しています。あわせてご覧ください。
Indeed掲載で表示回数を増やす!検索アルゴリズムやクリック単価の仕組み

クリック単価を把握してコスト管理する

また、Indeed有料掲載の場合、クリック単価が高い求人ほどより表示されるようになります。同じエリアで同じ募集をしている企業が、より高いクリック単価で求人掲載していた場合、応募を獲得しにくくなってしまうことも。クリック単価の相場を知り、コスト管理を行うことが採用成功につながるポイントの1つです。

Indeedへ求人掲載する流れ

Indeedへの求人掲載は下記のような手順で、簡単にお任せいただけます。

1.弊社へお問い合わせ(★)
2.お打ち合わせと募集案件のご相談
3.お申込み(★)
4.原稿作成
5.入稿し掲載スタート
※★はお客様に対応いただく箇所となります。

尚、これは有料掲載をお任せいただく場合です。無料掲載をご検討中の方は、お客様自身でアカウントを作成し実施いただく流れとなります。

また、掲載スタートまでの期間は掲載原稿数により異なります。まずは一度ご相談くださいませ。

Indeedへの求人掲載は自社運用?代理店運用?

Indeedで掲載する場合、自社で運用を行う方法と、代理店へ運用をお任せいただく場合と2パターンございます。それぞれの違いは以下の通りです。

自社運用は運用費用がかからず、企業様の望むタイミングで原稿内容を反映できます。

代理店運用の場合は、上記のようなデメリットはあるものの、代理店がIndeed掲載に関する業務はすべて巻き取り、最新のIndeedの知見をもとになぜ効果が良いのか悪いのかといった分析をするので、的確な改善策を実施することができます。

知識があり時間に余裕がある方は自社運用、そうでない方は基本的には代理店運用にお任せいただいた方が効果につながりやすいでしょう。

こちらでは代理店の選び方を解説しております。あわせてご覧ください。
Indeed代理店の選び方・手数料と運用代行メリット・デメリットを比較

Indeed掲載に関するよくある質問

Q.Indeedは個人事業主でも掲載できますか

Indeedは個人事業主様の募集も可能です。そのほかの掲載基準に則っているかどうかは、ほかのお客様同様に審査が必要となりますのでご了承ください。

Q.Indeedは人材紹介でも掲載できますか

Indeedは人材紹介の募集も可能です。そのほかの掲載基準に則っているかどうかは、ほかのお客様同様に審査が必要となりますのでご了承ください。

Q.Indeedでは業務委託の掲載もできますか

Indeedでは、業務委託の掲載も可能です。そのほかの掲載基準に則っているかどうかは、ほかのお客様同様に審査が必要となりますのでご了承ください。

Indeedに掲載したお客様の効果事例

派遣会社様の事例

ある派遣会社様では、自社でIndeed運用を実施。通常業務をしながら各営業所の担当者が運用していたため、Indeedの最新情報やノウハウを反映できていないこと、効果を最大化させられていないことに課題感をお持ちでした。

そこで、弊社で運用を代行。現場の担当者様と連携をとりながら、募集したい案件をスムーズに掲載できる仕組みを作りました。また、毎月振り返りを行い、案件ごとに採用難易度をランク分け。Indeedで効果が良い案件を優先的に掲載しコストを最適化。採用が難しい案件は別の媒体も絡めて掲載し、応募獲得の打ち手をとっていきました。

その結果、1年間で応募数は250%アップ!さらに応募単価も41%ダウンにつながる結果に。実際に派遣できるスタッフ数の増加にもつながったといいます。

詳しくはこちらの記事でもご紹介しております。https://www.tracom.co.jp/service/case/myself/

医療クリニック様での事例

ある医療クリニック様では、臨床検査技師の募集をされていました。求人媒体では応募0なこともあるほど難しい職種。クリック課金の仕組みに興味をお持ちいただき、Indeedで掲載することとなりました。

採用ターゲットのみに表示されるように、臨床検査技師の方が仕事探し時に検索しそうなキーワードを原稿に盛り込みました。

その結果、応募を4件獲得!全員有資格者からの応募となりました。

詳しくはこちらの記事でもご紹介しております。
https://www.tracom.co.jp/tralog/indeed-qualified/

Indeedの掲載はIndeedシルバーパートナーのトラコムへご相談ください

今回はIndeed(インディード)の仕組みや掲載方法、効果アップのポイントをご紹介しました。

弊社はIndeedの正規代理店・シルバーパートナーに認定されており、今までに500社以上のアカウント運用に携わっておりました。今ひとつ理解できない、もっと深く知りたいなどご要望がございましたらお気軽にお問合せください。知見に基づいてご紹介させていただきます。

この記事を書いた人

K.SASAKI

この人の記事一覧を見る

■Google 広告の検索広告認定資格保有(2021年)

2005年新卒で入社
目黒区・港区近隣のエリア営業を開始。
2012年千葉支社に異動
大手顧客中心の営業を開始(主に介護業界)。
2016年東京本社に異動
主に大手顧客を担当(介護・物流業界など)。
2017年新橋オフィスへ異動
2019年indeed推進グループへ異動
2020年WEBマーケティンググループへ異動

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラログはこんな記事を
書いています

  • 採用ノウハウ

    年間1万社以上の取引と採用実績から採用課題の解決につながる、現場のリアルな事例やお役立ち情報を発信しております。

    記事一覧を見る
  • 求人媒体のノウハウ

    いつもご利用されている求人採用を見直してみませんか?悩み、ぜひ教えてください!御社の魅力を一緒に考えさせてください!

    記事一覧を見る
  • 集客・販促ノウハウ

    今注目されているGoogleマップやSNS(インスタ等)を活用した集客、インバウンド対策、オウンドメディア企画・運用など最新の集客トレンドやノウハウを発信していきます。

    記事一覧を見る
  • セミナー情報

    媒体活用の採用支援や人材育成に関わるセミナーから研修や集客方法をご紹介するワークショップまで、さまざまな自社開催のセミナー情報をお届けします。

    記事一覧を見る

お問い合わせ CONTACT

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-450-333

WEBでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

最新の採用事例やノウハウ、新着ブログ、セミナーなど採用活動全般にプラスになる情報をお届けします。

ご登録いただく前にプライバシーポリシーをご一読ください