お気軽にトラコムにご相談ください

0120-450-333

受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

トラコム社員がお届け!

採用支援

Indeed代理店の選び方・手数料と運用代行メリット・デメリットを比較

H.KOBAYASHI

Indeed代理店の選び方・手数料と運用代行メリット・デメリットを比較

世界最大の求人検索エンジン、Indeed(インディード)。使用しているものの、なかなかうまく効果が出ない。どうやら運用が必要みたいだけど、どこに頼んだらいいか分からない。

そんなお客様のために本記事を執筆しました。単刀直入に申し上げますと、効果にお悩みの方は、アウトソース(運用代行)、代理店での運用をおすすめします!

そもそもIndeedの運用って何?広告代理店があるの?

自社運用と代理店運用の違いとは?

Indeedの運用方法は大きく2つあります。自社で直接行う(直販利用)か、広告代理店を通して行うか。

Indeedは商品の特性上無料で掲載をする事が出来ますが、今回は有料掲載を行うという前提でお話をさせていただきます。※ちなみに、代理店を通して行う掲載の場合、基本的にはほとんどが有料でのご掲載となります。

自社運用の場合、お客様自身でIndeed社とやりとりし(直販に依頼)、Indeedの運用もお客様自身で行うこととなります。一方で代理店を通して掲載する代理店運用の場合、代理店とお客様とのやりとりとなり、運用はすべて代理店が行い、お客様は応募者対応をするのみです。

Indeed認定パートナーとは

Indeedでは、広告の販売代理店として認定を受けたパートナー(代理店)が、求人企業(お客様)に代わって運用を行うこともできます。Indeed認定パートナーは、豊富な運用実績を踏まえて広告運用をサポートすることが可能です。さらにその中でも、特に優れた実績のある代理店は特別認定パートナーに選ばれており、ゴールドパートナーをはじめとしたいくつかのランクに分かれております。

弊社トラコム株式会社は、Indeedシルバーパートナーに認定されています。

Indeed代理店のサポート内容

Indeedの運用は自社運用と代理店運用の方法があることが分かりましたが、実際に代理店に運用をお任せした場合、どこまでどのようなサポートをしてくれるのか気になりますよね。一般的なIndeed代理店のサポート内容を紹介しながら、弊社でできるサポートについてもお伝えします。

1.クリック単価の相場分析・必要予算の算出・調整

Indeedの有料掲載(スポンサー求人)は、原稿がクリックされるごとに料金が発生し、検索結果画面の表示回数の増減にクリック単価が関係しています。そのため、近しい案件がどの程度のクリック単価になっているのかを知ることで効果を高めることができます。

代理店では多くのアカウントを運用しているため、同エリアや同職種での相場感があり、必要予算を算出することが可能です。

2.原稿作成・修正

原稿の作成業務も代理店が行えます。

弊社にお任せいただく場合、Indeedに直接原稿を載せる「直接投稿」ですと、お客様に代わり弊社で原稿作成をまるっと作成いたします。クローリングの場合も、業務委託契約を結ぶことでお客様のホームページや採用管理システム(ATS)上で、直接修正させていただくことも可能です。業務委託契約が難しい場合には、求人情報修正のアドバイスや原稿案の提案を実施しております。

3.予算管理・差配

求人情報が公開できたら、多くの求職者に見てもらえるよう、クリック単価や予算を見ながら運用していきます。

また、月の採用予算を決めていらっしゃる企業様も多いかと思います。月額の予算が超えないように毎日チェックするのは大変ですが、弊社のような代理店にお任せいただくと予算管理の手間も省くことができるでしょう。

4.定期的な振り返り、運用レポートの提出

定期的に振り返りを行い、現在の運用の効果がどのようになっているのかを共有します。

弊社ではレポートを提供し、振り返りを行うことも多いです。レポートの提供タイミングは、予算や運用状況に応じ、隔週、月ごと、3ヶ月ごとなどさまざまです。Indeedで効果の出る打ち出し方や検索キーワードを、別の求人媒体で活かせるようになります。

Indeedを代理店運用にする6つのメリット

1.Indeed掲載業務の最適化

Indeedは運用型の広告です。そのため、自社内で運用しようとしても片手間では効果が出にくく、Indeedの運用を行う専任の担当者をおく必要があります。その点、代理店に任せることで、運用にかかる社内の業務は削減することができます。

2.採用業務全般の最適化

1でお伝えしたように、Indeedの運用を外部に任せてしまえばIndeedの運用にかかりきりになることはありません。結果として、人事担当者は応募者対応などの本来時間をかけるべき業務に集中することができます。

3.専門的な知見やノウハウが得られる

Indeedでは適宜商品アップデートがされることがあり、検索ロジックが変更したり、求人掲載の基準が変わるケースもあります。その点、代理店であればいち早く情報を得ることができ、お客様にも案内できるためすぐに対策することも可能です。

4.近隣エリアの動向を知ることができる

代理店の場合、複数社の広告アカウント運用も行なっています。「近隣ではどのくらい応募が来そうか」「クリック単価はどのくらいか」など相場を知った上で運用を行えるので、掲載方法や予算を最適化しやすいでしょう。

5.別の求人媒体での掲載時にも傾向を活かせる

また、Indeed代理店は、Indeedだけではなくそのほか複数の求人媒体を取り扱っていることが多いです。タウンワークやリクナビNEXTなど、ほかの媒体での掲載も必要になったとき、運用を行っている代理店にそのまま依頼すれば、効果的な訴求内容を無駄なく反映できます。

6.運用の方向性を提案してもらえる

どの求人媒体もそうですが、Indeedでも効果を出しやすいコツやポイントがあります。「こんな表現を入れたい」「クリック単価はこのくらいにしたい」とお客様側で要望があっても、それが必ず成果につながらないケースもあります。

その点、代理店にお任せいただくことで、多くの運用実績にもとづき効果につながる運用することが可能となります。

Indeedを代理店運用にする2つのデメリット

1.運用費用がかかる

代理店にお願いする場合、運用費用・運用手数料が別途かかるケースが一般的です。あくまでも目安ですが、広告予算の15~30%の運用費用を払っていたというお客様が多く、広告費用のほかにもプラスでコストがかかります。

2.原稿反映に多少時間がかかる

代理店運用では、代理店がお客様に代わって原稿を作成いたします。求人情報を公開するまでには、代理店が原稿作成→お客様が確認→代理店が反映するというフローとなります。自社運用に比べ、原稿反映に少々時間がかかることがあります。

しかし、スピード感を持って反映してくれる代理店にお任せすれば、デメリットを感じることも少ないでしょう。

Indeedの代理店の4つの種類と特徴

Indeedを取り扱う代理店といっても、色んなタイプがあります。

・求人広告をメインで取り扱う会社 ※弊社はこれにあたります
・WEBやネット広告中心の広告会社
・コンサルティング会社
・採用集客系の会社
などなど。主要なタイプは、おおむねこちらの4タイプでしょう。

それぞれのタイプごとに、特徴やメリット・デメリットをまとめてみます。

1.求人広告系

文字通り、求人広告を中心に取り扱っている代理店です。

特徴

求人広告を取り扱っているため、原稿作成のポイントや採用相場等求人関連の情報提供が受けやすい点が特徴です。原稿の中にどんなキーワードを入れたらよいかといった情報も提供してもらえます。

メリット

求人原稿の書き方、打ち出し方のノウハウが多くあります。求職者が知りたい情報を効果的に載せることについては強みを発揮するでしょう。また、採用環境全体のアドバイスも得意です。給与を上げた方がよいのか、条件は他社に負けていないかなど調べることも可能です。

デメリット

ネット広告運用ではなく、広告を取り扱うのがメインの会社が多いです。そのため、運用実績がきちんとある会社でないと知識や経験で物足りない可能性もあるでしょう。

運用広告は、広告を掲載しながらクリック単価や広告内容を改善していくもの。運用実績が少ない代理店では、データを元にした改善提案があまりされないケースもある様子です。

2.WEB、ネット広告中心系

Googleなどのリスティング広告や、SNS広告などを中心に取り扱う代理店です。

特徴

WEB、ネット広告系の中心商材であるのが、リスティング広告などの検索広告。それらとIndeedの特徴が近しいので、運用ノウハウに関しては経験豊富な所が多いです。一方で、採用や求人の知識に関してはあまり詳しくない可能性があります。

メリット

どのように運用したらよいか、クリック単価はどのくらいに調整したらよいかなどの運用面のアドバイスはしてもらいやすいでしょう。また、営業担当とは別に、運用担当者がいるケースも多いため、さまざまな角度からアドバイスをしてもらえます。

デメリット

先ほどもお伝えした通り、集客の実績は多くとも採用や求人の知識を持っている会社・運用者さんは少ない傾向にあります。求職者が知りたい情報が原稿に記載できていなかったり、求職者の導線を考えられてなかったりする場合あるので、企業様側も確認が必要です。

3.コンサルティング系

求人周りの採用課題だけでなく、経営課題まで一緒に踏み込んで課題を解決してくれるのが、コンサルティング系の代理店です。

特徴

上記でもお伝えした通り、経営課題課題解決をするために、人材を採用をするための手段の1つとしてIndeedが使われるケースが多いです。コンサルタントが運用を行う場合が多く、細かいテクニックを提案してくれるというよりは、全体的な採用戦略の話をしてくれる傾向があります。

メリット

どの媒体を使ったらよいか、どんな方向性で採用をしていったらよいかなど、採用活動の方向性に悩んでいる方にはおすすめです。

デメリット

メインの役割は戦略を作ること。そのため、コンサルタントが求人やIndeedに特化したノウハウを持っていることは少ないです。踏み込んだ運用を行いたかったり、Indeedだけで効果を上げたい場合には向きません。

4.採用集客系(ATSや採用ホームページなど)

採用サイトや採用管理システム(ATS)などの導入を行っている企業です。

特徴

Indeedは、企業がお持ちの採用サイトや採用ページをクローリングして掲載することもできます。そのもとになる採用ページを作成したりシステムを提供しているのが、採用集客系の会社です。作成した採用ページと抱き合わせでIndeed配信するために、代理店として運用を行っている会社もあります。

メリット

提供しているシステムや採用サイトで、Indeedにどのように掲載されるのかを熟知しています。また採用サイトを新たに作りたい方は、複数の業者と連絡を取らなくてよいので手間も省けます。Indeedはもちろんのこと、Googleしごと検索にも無料掲載されるサイトの開設とあわせて提供しています。

デメリット

ただ、あくまでもメインはシステムを提供する会社。配信がはじまってから効果改善のために細かく運用してくれないケースもあるようです。

Indeed代理店の比較ポイント・選び方

さまざまな代理店がある中で、どこを選んだらよいか迷ってしまいますよね。ここからは、Indeedの代理店の比較ポイントや選び方をご紹介します。

希望の運用方法に合うか

まずは露出を増やしたい。採用単価を下げたい。効果のある案件に予算を割いて、効果を最大化したい。このようにIndeedの運用目的も企業様によりさまざまでしょう。企業様が目指すゴールを共有できる代理店にお願いすることで、運用する中での意見が食い違いを減らすことができるでしょう。

Indeedのパートナー企業かどうか

また、Indeedには認定パートナー制度と呼ばれる制度があります。Indeed広告の販売代理店として正式に認められたパートナーになりますので、豊富な実績と経験がある代理店といえます。 こちらの情報をもとに選んでみても良いでしょう。

運用の実績はどのくらいあるか

過去にどのくらい、アカウント運用を行っているのかも確認しましょう。一定数のアカウント運用実績があれば、さまざまな課題を経験している可能性が高く、効果不振になったときに改善のためのアイディアを提案してもらいやすいです。

運用の体制はどうなっているか

Indeedの運用を行う際にどのような体制でサポートしてくれるかもチェックしておきたいポイントです。営業担当が数十ものアカウントを1人で運用しているのなら、御社にかけられる時間は少なくなりますよね。また、営業担当以外に運用担当者がいるとより安心です。

自社の案件に近しい運用を行っているか

自社の案件に近しい運用実績があるかどうかも確認してみましょう。近しいエリアを担当していたり、近しい業種を担当している場合、求める改善案をピンポイントでもらいやすくもなるでしょう。募集したい案件やエリアを伝えて、運用事例を調べてもらうとスムーズです。

Indeed運用にお困りの方は特別認定パートナーのトラコムにお任せ下さい

Indeedより認定されているシルバーパートナー代理店である弊社トラコム。

元々コンサル系の会社で運用をされており、トラコムへ運用をお任せいただいたことで、年間の応募数は250%アップ。応募単価は41%ダウンさせることに成功した事例もございます。

詳しくはこちらの記事でもご紹介しております。
Indeedの大幅効果改善。成功ノウハウを蓄積させる社内運用の仕組みづくりも実現

御社のご状況に合わせたこまめな効果改善のフォローや、予算をかけるべき案件を精査して運用を行うことで効果につながっています。

Indeed運用でお困りの方はぜひお気軽にご相談くださいませ。まずは無料でアカウントの診断等も行なっております。下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

ご相談・お問い合わせはこちら

この記事を書いた人

H.KOBAYASHI

この人の記事一覧を見る

■Google 広告の検索広告認定資格保有(2021年)

2011年に新卒で入社。本社営業部に配属。
2012年千葉支社へ配属異動。
2013年 社内通期MVP獲得
2015年~千葉市エリアのチーム推進を行う。
2017年~新橋オフィスに異動。Indeed推進チームのリーダーへ。
2020年~WEBマーケティンググループのマネージャーとして従事。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラログはこんな記事を
書いています

  • 採用ノウハウ

    年間1万社以上の取引と採用実績から採用課題の解決につながる、現場のリアルな事例やお役立ち情報を発信しております。

    記事一覧を見る
  • 求人媒体のノウハウ

    いつもご利用されている求人採用を見直してみませんか?悩み、ぜひ教えてください!御社の魅力を一緒に考えさせてください!

    記事一覧を見る
  • 集客・販促ノウハウ

    今注目されているGoogleマップやSNS(インスタ等)を活用した集客、インバウンド対策、オウンドメディア企画・運用など最新の集客トレンドやノウハウを発信していきます。

    記事一覧を見る
  • セミナー情報

    媒体活用の採用支援や人材育成に関わるセミナーから研修や集客方法をご紹介するワークショップまで、さまざまな自社開催のセミナー情報をお届けします。

    記事一覧を見る

お問い合わせ CONTACT

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-450-333

WEBでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

最新の採用事例やノウハウ、新着ブログ、セミナーなど採用活動全般にプラスになる情報をお届けします。

ご登録いただく前にプライバシーポリシーをご一読ください