お気軽にトラコムにご相談ください

0120-450-333

受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

トラコム社員がお届け!

採用支援

新卒の就職活動、何を重視する?離職のときは何を考える?

T.YOSHIDA

新卒の就職活動、何を重視する?離職のときは何を考える?

新卒の学生が就活をするとき、いったい何を重視して就活しているのでしょうか。重視した点が叶う会社に入社したからといって、果たしてその会社に満足するのでしょうか。

重視した条件が、離職する原因にはつながってないのかを考察していきます。

離職率の高い業界ランキング

その前に、まずは離職率の高い業界を見ていきたいと思います。

新卒の離職状況については厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」で見ることが出来ます。2018年の時点では大学卒業者で21.7%であり(*1)新規学卒者を含めた平成30年度の全体の離職率は14.6%でした。(*2)

離職率の高い業界としては、同じく厚生労働省 が発表している「雇用動向調査」で見ることが出来ます。飲食サービス業界・宿泊業界(26.9%)・娯楽業界・生活関連サービス業界(23.9%)その他サービス業(19.9%)教育・学習支援業界(16.6%)医療福祉業界(15.5%)となっています。(*3)

*1 参照:https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000556486.pdf
*2  参照:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/dl/kekka_gaiyo-01.pdf
*3 参照: https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/dl/kekka_gaiyo-02.pdf

就活するときに重要視していること

次に大学生が就活する際に、何を重要視しているのか見ていきたいと思います。

自身や友人の就職活動時の軸を思い返してみると、「将来性」「給与」「待遇がいい」「福利厚生がしっかりしている」「業績がいい」「職場の雰囲気がいい」などを、最重要視していました。調査方法や質問の文言によって結果は異なると思いますが、さまざまなアンケートを見ても、これらはおおむね上位にランクインする条件です。

学生はこれらの条件と、業界・職種を照らし合わせて就職活動するものと考えて良いでしょう。私が就職活動をしていた際も、職場の雰囲気や福利厚生を重要視していました。実際にこれらの条件は働く上で大事になってきます。

入社した理由は、会社を続ける理由になるのか?

しかし、入社の際に決め手となる条件が揃っているからといって、その先会社を絶対にやめないという理由にはならないのです。

実際に、3年以内の離職率は平成29年の大学卒生で32.8%となっています。(出典:学歴別就職後3年以内離職率の推移/厚生労働省)3人に1人が、新卒で入社した会社を3年以内に退職しているという状況です。

新人社員は何をきっかけに離職するのでしょうか?次は、新卒が辞める理由についてみていきます。

新卒が退職する理由

新卒が退職する理由として挙げられるのは、「理想とのギャップがあった」「残業が多い」「休日出勤が多い」「人間関係が上手くいかなかった」「給料が見合っていない」などが多く挙げられます。

休日出勤や残業が多いかどうかなどは、募集条件を見たり面接時に聞けばわかる事です。しかし、理想とのギャップや人間関係については働いてみないと感じることはできないもの。企業様にとってみると、事前に防ぐことは難しいのでは…と思われるかもしれません。

確かに、すべてのギャップを取り除くことは難しいかもしれません。しかしギャップを小さくすることは可能だと思います。では、どのようにすればいいのでしょうか?

入社後のギャップを小さくする方法

就職する前と後のギャップをどうやって小さくすればいいのか。また、小さくすればどう良くなるのかについてまとめていきます。

満足度の向上、やりがいにつながる

ギャップを小さくすることは、「学生が働く上での満足度の向上や、やりがいを感じられる」ことにつながります。

ギャップがあればあるほど、やりがいを見つけるのは難しいです。新人の場合は基本的な条件が満たされた上で、初めてやりがいを見つける部分に意識を向けられます。というのも、学生側は「こういう仕事がしたい、こんな風に働きたい」と理想を抱えています。その理想と異なれば目の前のネガティブな感情に意識が向いてしまいモチベーションは下がる一方。反対に、思い描いた通りの仕事・働き方であれば、目の前の仕事に集中でき早く仕事の楽しさややりがいに気づけるようになります。

募集・面接の際に会社情報を伝える

そして、本題の「ギャップを小さくするにはどうすればいいのか」ですが、募集・面接をする際に、会社の詳細をきちんと伝えること、これに尽きます。

企業にとってマイナスになる情報は、どの企業であっても伝えたくないと思うのが普通です。しかし、どういう仕事内容なのか、やっていく中でしんどいなと思うところはどこなのか、などを詳細伝えてあげることで、仕事を選ぶ学生は、働くイメージをしやすくなるのです。

求人原稿に細かな情報を載せたり、面接では聞きにくいことを補っていくことで、学生の理想とのギャップが小さくなっていきます。離職の原因払拭、はたまた応募意欲の向上にもつながるのです。

まとめ

ここまで「離職率の高い業界」「就活するとき学生が重要視していること」「新卒の退職の理由」について述べてきました。ここで、何が言いたかったのかというと、「仕事内容、条件については、なるべく詳細に伝えるようにすることで、求職者の方にその企業で働くイメージを持ってもらうことが重要」ということです。

学生が就活で重要視していることと学生の退職理由からわかるように、実際に働いた後に、学生がどう感じるかを考えることも大事になってくるのです。改めて就活をする学生が「何を重視して就職活動しているのか」を把握し、採用活動を行っていただくことで、企業様にとってより良い採用活動が出来ればと思います。

トラコムに相談する

この記事を書いた人

T.YOSHIDA

この人の記事一覧を見る

2020年に新卒入社し、大阪支社に勤務。
Ⅲグループに所属し、大東と門真市を担当。
2020年9月より京都営業所へ異動。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラログはこんな記事を
書いています

  • 採用ノウハウ

    年間1万社以上の取引と採用実績から採用課題の解決につながる、現場のリアルな事例やお役立ち情報を発信しております。

    記事一覧を見る
  • 求人媒体のノウハウ

    いつもご利用されている求人採用を見直してみませんか?悩み、ぜひ教えてください!御社の魅力を一緒に考えさせてください!

    記事一覧を見る
  • 集客・販促ノウハウ

    今注目されているGoogleマップやSNS(インスタ等)を活用した集客、インバウンド対策、オウンドメディア企画・運用など最新の集客トレンドやノウハウを発信していきます。

    記事一覧を見る
  • セミナー情報

    媒体活用の採用支援や人材育成に関わるセミナーから研修や集客方法をご紹介するワークショップまで、さまざまな自社開催のセミナー情報をお届けします。

    記事一覧を見る

お問い合わせ CONTACT

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-450-333

WEBでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

最新の採用事例やノウハウ、新着ブログ、セミナーなど採用活動全般にプラスになる情報をお届けします。

ご登録いただく前にプライバシーポリシーをご一読ください