お気軽にトラコムにご相談ください

0120-450-333

受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

トラコム社員がお届け!

採用支援

Facebookで求人募集を無料で投稿(掲載)する方法をパーフェクト解説

K.YUASA

Facebookで求人募集を無料で投稿(掲載)する方法をパーフェクト解説

SNS市場の中で世界最大級のユーザー数を誇るFacebook。多くの方にとって身近なFacebookでも求人掲載ができることをご存じでしょうか?

今回は、採用手法のひとつとして注目を集める『Facebook求人機能』の活用方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

関連情報:プロに依頼したい場合は

採用のプロに原稿を作成してほしい。Facebookをうまく運用したい。といった、運用代行を検討中の方はお気軽にご相談くださいませ!
ご相談はこちら

Facebookの求人機能とは

Facebookのビジネスページを運営している場合、求人機能を使って求人を掲載することができます。

求人機能のフォーマットに募集要項を入力するだけでスピーディーに求人掲載でき、費用は無料。Facebookのアカウントを保有するユーザーであれば、世界中の求職者にアプローチできることから、新たな採用手法として活用する企業が増えてきています。

特に昨今は、リモートワーク化が進み、オンラインによる様々な採用手法が活用されています。主要SNS市場でユーザー数トップを誇るFacebookの求人機能は、世界中の多くの企業から注目を集めているのです。

またFacebookは、実名だけでなく経歴や個人情報などを登録しているユーザーが多くいます。求職者のパーソナルな部分を垣間見ることができるのも特徴のひとつです。面接や採用前に応募者の人間性を知ることは、企業の理念や風土・特性とマッチするかどうかを判断する手段としても有効です。

もちろんFacebook上での情報がすべてではありませんが、従来の履歴書やエントリーシートでは知り得ることのない情報を得られることは、Facebook求人の大きな魅力でもあります。

Facebookページの求人作成方法

上記でもお伝えした通り、Facebookの求人機能は、ビジネスページを運営していれば作成することが可能です。
ここからは、Facebookの求人作成方法について解説します。

ステップ1|Facebookビジネスアカウントを取得しましょう

Facebookで求人掲載するには、自社のFacebookアカウントを取得していることが前提となります。すでにビジネスページを開設していれば問題ありませんが、ビジネスページを開設していない場合は、Facebookのビジネスアカウントを取得しましょう。

ステップ2|求人タブより求人情報を入力

Facebookメニューの作成画面から「求人」タブを選択すると、「求人作成」画面に進みます。求人作成のフォーマットに沿って、求人内容を入力し、求人を作成していきます。

求人作成画面で入力すべき項目は以下の通り、至ってシンプルです。

<必須項目>
・連絡先(Messengerまたはメール)
・職種、役職
・勤務地
・雇用形態(タブで選択)
・仕事の説明
<任意項目>
・最低給与
・最高給与
・給与形態(時給、日給、月給など)
・応募者への質問

「応募者への質問」は、あくまでも任意項目ですが、入力しておくことで応募者のスクリーニングに役立ちます。例えば、実務経験の年数や勤務開始できる時期、資格の有無などを事前に聞き出しておくことで、応募条件に満たしているかどうかの判断がしやすくなります。

ステップ3|求人情報を投稿

必要項目を入力したら、いよいよ求人を投稿します。入力内容に不備がないか確認したうえで、投稿へと進みます。

なお、投稿した求人は、Facebookユーザーの「求人」一覧にリアルタイムにアップされ、ユーザーの誰もが閲覧・応募することができる状態になります。

以上の3ステップで、Facebook求人は簡単に作成することができます。

Facebookに求人を掲載するメリット・デメリット

簡単に求人作成ができるFacebookの求人機能ですが、どのようなメリット・デメリットが考えられるのでしょうか。

メリット

メリット1|投稿の手軽さ

Facebookの求人機能による掲載や編集には、費用が一切かかりません。また、先述の通り、フォーマットに求人内容を入力するだけですぐに求人情報の公開が可能。

無料で、しかもタイムリーに求人掲載できるのはFacebook求人の大きなメリットと言えるでしょう。

メリット2|世界中のユーザーにアプローチできる

Facebookは、全世界でユーザー数28億人を超え、主要なSNS市場の中では最もユーザー数が多いといわれています。世界中のユーザーが求人を閲覧できるため、これまでアプローチすることが難しかった人材からの応募も期待できるのです。

メリット3|応募者の人間性やパーソナルな情報を知ることができる

Facebookユーザーの多くが、実名だけでなく出身校や経歴などの個人情報を登録・公開しています。また、応募者のアカウントに制限がかかっていない場合、応募者の投稿内容も閲覧することが可能です。

履歴書やエントリーシートではなかなか知ることのできない応募者のパーソナルな情報を得ることができるのは、Facebookならではのメリットと言えます。

デメリット

デメリット1|Facebookユーザー以外には届かない

Facebookの求人情報は、Facebookユーザーしか閲覧することができません。Facebookは、ユーザー数が多いことがメリットではありますが、そもそも自社が求めている人物像がFacebookのユーザー層とマッチしていなければ、採用には結び付きません。

Facebookの求人機能を活用する際は、求人内容や求める人物像とFacebookユーザーとがマッチいているかどうか、事前に確認しておく必要があります。

デメリット2|有効期限が30日

Facebookの求人機能は、タイムリーに求人掲載ができますが、掲載期間は30日と決まっています。そのため、期間内に応募や採用などの成果が出なかった場合、再投稿する必要があります。

Facebook求人を上手に活用するにも、掲載期間や再投稿の見直しなどを管理できる体制を整えておきましょう。

デメリット3|日本語以外の対応も必要

世界に向けて求人を発信できるのがFacebook求人の強みのひとつですが、世界中の求職者に閲覧してもらうには、日本語以外での対応も必要となります。なお、Facebookの公式HPでも、複数言語での投稿方法を紹介しています。

ユーザーから見たFacebookの求人機能

掲載した求人は、リアルタイムでユーザーの求人画面に表示されます。
ユーザーは、勤務エリアや給与、タイプ(雇用形態)、業種など、希望条件を絞り込んだ上で求人を検索でき、条件にあった求人が以下のように表示されます。

日常的にSNSを活用するユーザーにとって、「求人検索をしよう!」と身構えなくても、「Facebookを開くついでに求人を見てみようかな」という気軽な気持ちで求人検索でき、ワンクリックで簡単に応募できるのはFacebook求人の大きな魅力のひとつです。

また、Facebookの画面上で履歴書の作成も可能。一度履歴書を作成しておくと、応募や、応募後のやり取りがよりスムーズになります。

Facebookの求人で効果を出すための3つのポイント

ポイント1|具体的でわかりやすい求人内容にする

Facebookの求人の場合、給与や写真の有無はあくまでも任意項目となっています。必須項目さえ入力すれば掲載は可能ですが、できる限り詳細の情報を入力し、企業や仕事をイメージしやすいような画像をつけて投稿しましょう。

また、求人掲載の際はユーザーにとって働くイメージがわくような内容にすることが大切です。そのためにも、仕事内容や求めている人物像などを具体的に記載することがオススメです。例えば、一日の仕事の流れや組織構成などを記載しておくと、職場のイメージが伝わりやすくなりますよ。

ポイント2|応募者への質問項目を設ける

任意項目のひとつに「応募者への質問」という項目があります。先にもお伝えした通り、この項目を設定しておくことで、応募者スクリーニングがしやすくなり、面接時や採用後のミスマッチを防ぐことに繋がります。

ただし、質問が多すぎたり、回答に時間がかかるような質問内容にしてしまうと、求職者の負担になり応募を辞めてしまう可能性も。質問を設定する際は、YES/NOで回答できるような簡単な内容にしたり、多くても3つまでに絞り込むなど、応募者が気軽に答えられるような工夫が必要です。

ポイント3|スピーディーな応募対応

Facebook求人の最大のメリットは、投稿や応募の気軽さです。一方で、気軽に応募ができるからこそ、すぐに回答がないと応募者の意欲が下がってしまう可能性があります。応募が来たらメールやMessengerなどですぐに回答し、まずは応募に対する感謝の気持ちを伝えましょう。

また、履歴書の送付やFacebookでのやり取りを繰り返すよりも、まず面談日程を設定するのも応募者の意欲を下げないためのコツのひとつです。Facebook求人を活用する際は、スピーディな応募者対応ができるよう、社内体制を整えておくことが大切です。

まとめ

今回は、Facebook求人機能の活用方法やメリット・デメリットについてご紹介しました。Facebookは世界中のユーザーが活用し、世界中の求職者に気軽にアプローチできることからFacebookの求人機能を活用する企業が増えています。

また、Facebook求人は、掲載の手軽さだけでなく、ユーザーのパーソナルな情報を知れることも大きな特徴であり魅力のひとつ。条件面だけでなく、企業の風土と求職者の人柄とのマッチングにも役立ちます。

一方で、Facebookユーザーにしか届けることができない点や、Facebookのユーザー層と求める人材像とがマッチしていないと効果を発揮できないというデメリットもあります。

そのため、より採用を強化したいとお考えの場合は、Facebookの求人機能と合わせて、求人媒体や採用サイト・採用オウンドメディアなど、様々な手法で求人を掲載することがオススメです。

それぞれの特性やメリットを上手に活用することで、着実な採用強化にも繋がりますよ。

トラコムではSNS運用アドバイスから代行までをお手伝いしています

トラコム株式会社 テクタス事業部では、SNSの運用代行やコンテンツ企画・アクセス解析をお手伝いしています。

採用向け・集客向け、どちらのサポートもご要望に応じて幅広くご対応致します。お客様の抱えていらっしゃる課題や状況に応じて、立ち上げから改善まで柔軟に支援させていただきます。

「Facebookで情報発信をしたいけれど、何から手を付けていいかわからない」といったお問い合わせもお待ちしています。まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

K.YUASA

この人の記事一覧を見る

2004年中途入社
トラコムで初の産休・育休取得。インサイドセールスとして、リクルート求人営業を10年以上経験し、派遣会社、介護などを担当。
その後、新規事業の立ち上げ準備のため、チラシ制作、採用代行サービスを兼任。
2019年テクタス事業部で採用代行・オウンドメディア制作に携わる。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラログはこんな記事を
書いています

  • 採用ノウハウ

    年間1万社以上の取引と採用実績から採用課題の解決につながる、現場のリアルな事例やお役立ち情報を発信しております。

    記事一覧を見る
  • 求人媒体のノウハウ

    いつもご利用されている求人採用を見直してみませんか?悩み、ぜひ教えてください!御社の魅力を一緒に考えさせてください!

    記事一覧を見る
  • 集客・販促ノウハウ

    今注目されているGoogleマップやSNS(インスタ等)を活用した集客、インバウンド対策、オウンドメディア企画・運用など最新の集客トレンドやノウハウを発信していきます。

    記事一覧を見る
  • セミナー情報

    媒体活用の採用支援や人材育成に関わるセミナーから研修や集客方法をご紹介するワークショップまで、さまざまな自社開催のセミナー情報をお届けします。

    記事一覧を見る

お問い合わせ CONTACT

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-450-333

WEBでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

最新の採用事例やノウハウ、新着ブログ、セミナーなど採用活動全般にプラスになる情報をお届けします。

ご登録いただく前にプライバシーポリシーをご一読ください