トラコムの社員

金澤 恵理子

ERIKO KANAZAWA

大阪支社 マネージャー

INTERVIEW

ただ営業する、そんな仕事じゃない。

企業の【魅力】をあらゆるモノを介して伝える。
企業の成長を【人】に関わる提案でサポートしていく。

2011年千葉支社で入社し、2013年に大阪支社へ異動。
その後、地域密着型のクライアント様から全国展開している大手クライアント様まで、幅広く担当。新人教育・研修にも携わる。
5年目、個人としてリクルートの採用決定TOP賞、
6年目、クラスTOP賞・特別賞を受賞。
7年目、リーダーとしてけん引した東大阪ASにてクラスTOP賞・最優秀賞を受賞。
2019年よりマネージャーに昇格、エリア推進Ⅱグループの成長に力を入れている。

Qどんな仕事をしていますか?

Aメンバーの成長が嬉しい

自身が営業としてクライアントと関わっている時は、企業の先の戦略や、社長の夢を聞け、その実現のお手伝いができた時にやりがいを感じます。

ただ、今はメンバーの成長がとても嬉しい。
例えば、今まで先輩達が誰も取引頂いた事がないA社様。
そんなA社様に対し、ただ訪問するのではなく、採用に役立つ事から社内研修で行って良かった事なども共有。数か月後、「●●君に頼んでみたい」とご依頼。
たまたま結果が出る事も嬉しいですが、その子が考えて行動し、狙っていた結果が出た時はとてつもなく嬉しいです!

そんな姿を見ながら、相手に合わせた伝え方の大切さや、寄り添う姿勢をメンバーから教わっています。

Q入社の決め手はなんですか?

A自分らしさを表現できる環境

正直、営業職を受けたのは、トラコムだけ。(笑)

時間を埋めるために入れていたトラコムの説明会で、
人事の方が「売り上げは、顧客からの信頼や期待が形になったものなので、モノ売りではない」「企業側だけではなく、求職者目線でもアンマッチをなくす事をお手伝いする仕事」という言葉にビビッと来ました。

「人の『魅力』をモノを通して人に伝える手伝いがしたい」そう考え就職活動をしていたことと、その前の興味があった会社の説明会で、求人広告と全然違う会社だなと落ち込んでいた為、私の心を捕らえました。(笑)

その後も、自分らしく面接ができた事が、入社の決め手です。

Q仕事のどこにおもしろさを感じますか?

A社内、社外の両方で得られる

普通に過ごしていたら出会えない、会社の経営層に多く会え、時にはアドバイスをさせて頂く立場になる事も。クライアント様の企業の戦略や思いを聞ける事自体にとても価値がありますし、社内以外でも知識を付けることができます。
ただ、「媒体を売る」のではなく、自身の採用が、企業の売り上げや成長に繋がる為、責任もありますがヤリガイでもあります。

トラコムは役職名で上司を呼ぶことがなく、常に「さん」付けです。距離が近く、向上心があればあるほど求めてる事は提供してくれる為、自分次第で成長スピードは幾らでも上げる事が出来ます。

また、拠点毎での社外・社内表彰などもあるため、頑張りが感覚ではなく形となって評価されることも、頑張るきっかけになっているメンバーも多いです。

Qどんなときに成長を感じますか?

A伝えたいことが伝わったときの喜び

「金澤さんはうちの人事だね」「予算もどんな人採用するかも任せるよ」「教えてほしい」とクライアント様から言われた時に、認めて頂けたと感じます。
また、メンバーと話していて、前だったらうまく伝えられなかった事を、あらゆる手段を使いメンバーに伝えられるようになった時、伝わって結果が出た時に成長を感じます。

ENTRY エントリー

新卒採用

カモン!

キャリア採用

カモン!

お問い合わせ CONTACT

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-082-033

WEBでのお問い合わせはこちら