取扱いメディア

「地域密着」をうたう、アルバイト情報紙の代名詞。

TOWNWORK

TOWNWORK

http://townwork.net/Fh00000s_arc_1/  
「タウンワーク」の名前を耳にして「知らない」という若者は、おそらくいないでしょう。毎週月曜日に発行される、首都圏で最も認知される「地域密着型」のバイト情報紙です。ターゲットは、働きたい地域を重視して仕事を探す学生、フリーター、主婦、そしてシニア層。主に駅、コンビニ、スーパー、書店、レンタルビデオ店、大学などに置かれます。

ネットメディアは、検索性能があるがゆえに、予め職種を絞って探す人に利用されます。一方「タウンワーク」のような紙媒体は、ぱらぱらとめくり、なんとなく自分の好みに合う求人情報を探します。募集する側から見ると自社の求人に適した人材を広く獲得できるチャンスがあります。もっと言えば、まだ世間に認識されていない仕事ほど、求職者の興味を喚起し、目にとまるメリットがあります。

また、ネットは掲載期間が終わればそれまでですが、紙媒体は保存性があります。設置期間が終わっても「まだ応募できますか?」という問い合わせは少なくありません。こうした漏れなく応募を獲得できるのも紙媒体ならではの特性です。
締切・発行日 【締切】毎週金曜 【発行】毎週月曜
掲載方法 紙媒体・インターネット媒体
発行エリア 全国
トラコムの提案事例
case01 顧客の思いをそのまま原稿にぶつける。これぞ、紙媒体での腕の見せ所。

「右腕が欲しい」。この声の主は、人気コーヒーショップのオーナー店長。オリエンの席で、私たちに熱く語りかけます。「今、この店は、繁盛していている。しかし、私一人の頑張りだけじゃ成長はない。いずれ新しいメニュー提案まで任せられる人材が欲しい。条件は、アルバイトであること。なぜなら、自分がイチから育てたいから」。

通常ならば社員採用を念頭に「リクナビネクスト」をお薦めしたいところですが、「アルバイト採用」という命題に応えるべく「タウンワーク」をご提案。そのぶん、原稿の質にこだわりました。厳しい職場であること。しかし、そのぶんやりがいがあること。このふたつを強くアピール。店長の熱意をそのままカタチにしたのです。果たしてどうなるか、不安いっぱいでしたが、結果として2名の20代男性が採用されました。

「タウンワーク」のような紙媒体は、原稿の善し悪しがそのまま応募に直結します。だからこそ、店長とは何度も何度も打ち合わせを重ねました。「顧客のそばに寄り添う」。トラコムの基本理念は、こうしたところで実践されます。

取扱いメディア一覧

お問い合わせ お電話でのご相談はお近くの営業所まで
東京
新橋
千葉
大阪
京都
名古屋
福岡

受付時間:9:00~19:00(土・日・祝 年末年始)

よくある質問
お問い合わせフォーム


copyright © Tra Com. All righits reserved.

このページのトップへ